人と動物との調和のとれた共生社会の実現

技術の創造と変革によるより顧客満足度の高い製品・サービスの提供

マイクロチップFAQ

1.日本マイクロチップ技術開発のマイクロチップとは
日本マイクロチップ技術開発株式会社が開発、販売するマイクロチップは2種類です。
(1)従来のマイクロチップと完全互換性があるマイクロチップ 従来のマイクロチップと同じ15桁のIDコードをもっています。 この他に100文字程度の情報の読書きが可能です。 従って今までのマイクロチップ読取機でもIDを読み取ることができます。
当社の販売する読書きスキャナを用いればIDコードの他に、 自由に情報の書き込みや読み出しが行え、獣医師さんにとっても飼主さんにとっても大変便利になります。

(2)超小型マイクロチップ 現在流通しているマイクロチップ(約2.1Φ×約12㎜)と比較し、その大きさが約1/3サイズの超小型マイクロチップ(1.41Φ×8.2㎜)の製造販売の承認を受けました。 本申請品の登場により、埋込対象動物の負担軽減と併せ、マイクロチップ本格普及の主な阻害要因の一つでもあった飼主のペットへのマイクロチップ埋込に対する抵抗感が、 ほぼ解消されるものと確信致しております。
● 製品概要Ⅰ.超小型マイクロチップ(追記型:動物情報の書込みが可能なタイプ)
1)販売名称:JMCマイクロチップ・ミニタイプ
2)サ イ ズ:Φ1.41×8.2㎜ (従来品:Φ約2.1×約12㎜)
2. マイクロチップはどの様にして動作するの
マイクロチップは小型のIC(集積回路)とアンテナが生物学的適応ガラスのカプセルに入っています。 ICには情報を記憶するメモリーと無線の受渡しを行う 回路から出来ています。 この無線の受渡し回路と読取機の間で無線通信が行われ、ICのメモリーの情報がマイクロチップと読取機の間で受け渡されます。
当社マイクロチップのメモリーには15桁のユニークなID番号、動物の愛称、生年月日、ワクチン接種履歴、緊急連絡先など複数の項目を書込みできることが可能です。 (今までのマイクロチップではメモリーには15桁のID番号だけが記録されているだけでしたので、大きな進展です。) 当社読み書きスキャナについては、こちらのページをご覧ください。
3. マイクロチップの挿入費用は
マイクロチップの挿入は獣医師さんにより行われますので、詳しくはかかりつけの獣医師さんにお訊ね下さい。
一般には平均6,000~7,000円前後です。内訳は、情報登録料1,000円、マイクロチップ本体1,500円、技術料(4,000~5,000円)です。 マイクロチップに関して知らない獣医師さんも以前はおりましたが、現在は皆さん知識を持っています。
日本マイクロチップ技術開発株式会社は全国どこの獣医師さんでもマイクロチップの挿入やマイクロチップの読書きによる適切な治療ができるように支援をして行きます。
4.マイクロチップは誰でも挿入できるの
マイクロチップの挿入は動物に対する医療行為になりますので、免許を持った獣医師さんにお願いし、適切な方法で、適切な位置に挿入することになります。
通常はマイクロチップは挿入器にあらかじめ装着し、滅殺菌処理を施して1個単位でパッケージされています。
5. マイクロチップはどの位の期間有効に働くの
マイクロチップの動作寿命はマイクロチップの中に入っているIC(集積回路)の動作寿命に依存します。
ICは一般的には10年以上の動作寿命がありますが、マイクロチップの場合には体内に挿入されほぼ一定の温湿度に保たれているのでさらに動作寿命は延び、 約30年は大丈夫だと言われています。
又、マイク ロチップには電池などの電源を持っていないので、電池切れによる交換などの措置も必要ありません。 従ってマイクロチップを挿入すれば普通の動物の生存期間 内は有効に使用できます。
6. マイクロチップはどの部分に挿入するの
マイクロチップは専用挿入器(インジェクター)で犬や猫の場合は、背側の肩甲骨中央の皮下または頚部の中央より左側の皮下に埋め込みます。 この位置はワク チン接種の時の注射をする位置とそれほど違いません。
この挿入はいたって簡単で直ぐに済みますので動物に不快や痛みを感じさせることはないでしょう。
その他動物の挿入部位に関して
7. MRIやCTでマイクロチップが影響されることはないの
MRIやCTなどの医療検査機器からは強力な磁気や電磁波が発生しています。
マイクロチップの無線の受渡しとは電磁波の電波範囲が異なりますので、誤った 無線送受信によりマイクロチップのメモリーが書き換えられることはありません。
又、他での実験でICのメモリーがMRIやCTの磁気や電磁波によって壊れ たりするなどの影響はないことが判っています。
8. マイクロチップは挿入した場所から移動することはないの?
マイクロチップの挿入に対して一番の心配されることは、移動しないか?と言う問題です。
マイクロチップの表面に、パリレンの薄い皮膜でコーティングされ、動物への挿入後は皮下組織と迅速になじみチップの移動がおきません。
9. マイクロチップの埋込可能時期
犬は、生後約2週間頃、猫は、生後約4週間頃(※個体差等を考慮する必要があります。) また、小型の動 物では実験用のマウスに挿入して支障なく実験が行われていますので、5cm以上の動物であればマイクロチップの挿入は大丈夫です
10. 室内で飼っている動物にマイクロチップを挿入する必要があるの?
家の玄関が開いていてそこから逃げ出したり、誰かが侵入して動物を持ち去ったりすることも考えられます。
特に血統書つきのペットや珍しい動物などは狙われ易いです。馬でさえ盗まれて売られてしまうこともあります。
迷子になった場合には、誰かに発見されて保健所か動物病院に保護されると思います。その様な場 合にマイクロチップを挿入しておけば保健所や動物病院にあるマイクロチップ読書き機で調べることで 飼主や緊急連絡先などが判り、発見されるで飼主に戻る確率がより高くなるでしょう。
11.マイクロチップの挿入の時に鎮静薬の投入が必要ですか
いいえ、マイクロチップの挿入は他のワクチン接種などと同じで、多少針先が太いですが、皮膚や筋肉にはさしませんので、 挿入の際の不快感や痛みはワクチン接種などと同じ程度と考えられます。
12. マイクロチップの情報の読書きはどのようにして行うのですか
一般的なマイクロチップの場合にはあらかじめ記録されている15桁のID番号を読み取るだけですが、 日本マイクロチップ技術開発株式会社のマイクロチップでは15桁のID番号の他に15項目程度の情報の読書きができます。
マイクロチップの情報の読書きは専用の読書き機を用いて行います。読書き機には据置型でその間を動物が通った時に読書きを行うものと、手に持つタイプのハ ンディ型があります。
ハンディ型はマイクロチップの挿入されている付近に読書き機を近づけて読書きを行います。マイクロチップは自身では電源(あるいは電 池)を持っていませんので、読書き機から出る電波によってマイクロチップが動き出し、 情報のやり取りが行われます。
従って、マイクロチップは普段は休止し ていますから、対内からの継続的な電磁波による影響もありません。
13. マイクロチップで動物はアレルギー反応を示しませんか
マイクロチップは不活性で生物学的適応(拒絶反応を起きない材質を用いている)がなされているカプセルを用いていますので、 実際にマイクロチップが原因で アレルギー反応が起ることは、非常にまれと考えられます。
現在のところ犬や猫ではマイクロチップによりアレルギーが起ったと言う報告はありません。 もし、 アレルギー反応を示すようなら取出す処置を行うことになります。
14.マイクロチップの読取はどこでできますか?
現在、各都道府県や市町村などでもマイクロチップを挿入を積極的に支援してきていますので、徐々にではありますがその数は増えてきています。 しかし、動物 シェルターは日本では未だ数も少なく、経営的にも厳しい中で運営がされていますのでマイクロチップの読取りが何処でもおこなえる環境にはありません。 日本 マイクロチップ技術開発株式会社は出来るだけこの様な施設に対しては支援をしていく予定です。 ※東京都動物愛護相談センター(全3ケ所 本所、多摩支所、城南出張所)に納入させて頂きました。
15. 読書き機でID番号が読み取れた場合に飼主さんをどうやって調べるの
獣医師さんが保護された動物を読書き機で調べてID番号が判った場合には、AIPO(動物ID普及推進会議)に問い合わせればその飼主さんの情報が聞き取れます。 又、日本マイクロチップ技術開発株式会社のマイクロチップでは読書き機で読み取った情報の中に緊急連絡先とマイクロチップ発行管理元の情報が入っていますので、 そこに問い合わせて頂ければ飼主さんなどの情報がわかります。
16. AIPO(動物ID普及推進会議)への登録はどのようにすれば良いのですか
情報登録料1,000円を添えてAIPOに直接申請するか動物病院やペットショップで申請の代行をしています。 申請書類は動物病院やペットショップなどに備えられていますので、担当者にお訊ね下さい。
17. 動物を他の飼主に譲ったり売った場合に飼主情報の移行はできるの
現状、日本ではAIPOに飼主等の変更申請を行って頂く必要がありますが、その申請を行えば飼主さんの移行はできます。
日本マイクロチップ技術開発株式会社では動物にとってのパスポートになるようにその後方支援体制を整えていきます。
具体的にはマイクロチップに記録されている情報により的確な動物の属性が把握でき、適切で迅速な処置が行えるようにすることと、 飼主さんや過去の病歴・治療歴についても確認できるような仕組み を作って行きます。
もちろん、飼主さんの変更でさらに別のマイクロチップを挿入する必要もありませんし、動物の愛称が変更された場合にも簡便にマイクロ チップの情報を変更できます。
18. マイクロチップは安全ですか
マイクロチップの主要部品はIC(集積回路)ですが、これはシリコンつまり砂やガラスと同じ成分です。
又、マイクロチップには電池などの電源も載っていませんし、マイクロチップは生物として拒絶反応を起こさない材質のカプセルに納まっていますので極めて安全です。
19. 何故マイクロチップを挿入しなければならないの
マイクロチップは半永久的で変更出来ないID番号と体内に埋め込まれた動物のパスポートです。
もし、動物が盗まれたり、家を飛び出してしまったり、散歩の 途中で行方不明になったりした場合にマイクロチップがあれば、 緊急連絡先やマイクロチップ管理元との連絡がとれ、飼主さんに戻る確率が大幅に増 大します。
マイクロチップは世界共通の規格(ISO(国際標準機関)規格)ですので、日本国内だけではなく、海外でも有効に使えます。
20.検疫がスムースにいくと聞きますが?
平成16年11月から犬、猫、きつね、あらいぐま及びスカンクなどの検疫制度が始まりました。 この検疫制度では到着する犬等と輸出国政府機関の証明書の照 合等を行う方法として、ISOの規格に適合するマイクロチップによる個体識別法を採用しました。
マイクロチップによる個体識別によって従来14~180日 間とされていた到着時の係留期間を12時間以内に短縮することができるようになりました。 又、海外に持出す場合にも同様です。
21. 大災害の時にマイクロチップは有効だと聞きましたが
地震や大火、津波、台風などの災害によって飼主と離ればなれになった動物を飼主さんに戻す行動は簡単ではありません。
何故なら動物は自分の名前も住所も飼主も話すことはできないからです。 (人の言葉を話す鳥が飼主に戻ったという珍しいケースはありますが)この時に役立つのがマイクロチップです。
マイクロ チップの情報を読取ることで緊急連絡先、マイクロチップ管理元と連絡がとれID番号その他から飼主さんを特定し、返還することが容易になります。
又、日本マイクロチップ技術開発株式会社のマイクロチップではワクチン接種状況もマイクロチップの情報として記録されていますので、 危険性のある動物と危 険性が無い動物の峻別も可能であり、きめ細やかな保護が可能となります。
阪神・淡路大震災では飼主に会えずに処分された動物が多数出て、その結果、兵庫県のマイクロチップの普及が進んだと言う現実もあります。
22. マイクロチップを2個以上挿入している場合、マイクロチップは読書きができるのですか
マイクロチップで用いられている無線タグ用のICおよび通信手順に従えば複数個のマイクロチップが近くにある場合には、 1個1個個別に読書きをして行きます。それは各マイクロチップの持つID番号と通信監理手順によって管理されていますので間違えてしまったり、読み忘れてしまうことはありません。
但し、各マイクロチップが全く違う場所に挿入している場合にはその場所毎に読書きを行う必要はあります。
23.マイクロチップ挿入に関しての法律はありませんか
動物の愛護及び管理に関する法律施行規則(平成十八年一月二十日環境省令第一号)の第十五条(飼養又は保管の許可の申請)の2項三イで、 特定動物の飼育にあたっての申請にはマイクロチップ挿入証明書が必要要件の一つになっています。
又、第二十条(飼養又は保管の方法)では第1項三で特定動物の飼養又は保管を 開始したときは、マイクロチップの装着その他の措置を講じ、 都道府県知事に届け出ることとなっています。
又、家庭動物等でも飼養又は保管にあっては名札、 脚環、マイクロチップ等を装着して自己の所有物であることの措置が求められています。
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com